<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫問題を受け、神戸牛、松阪牛と並ぶ日本三大和牛の一つ「近江牛」の産地として知られる滋賀県が今月下旬、感染防止へ消毒薬1カ月分を県内全畜産農家を対象に無償配布したところ、早くも不足を懸念する声が相次いでいる。国内の消毒薬は宮崎などに集中して出回り、滋賀県内では品薄状態。県は「あくまで緊急事態による啓発目的」として追加配布はしない方針で、畜産農家からは「口蹄疫問題がいつまで続くかわからず、とうてい足りない」と困惑するばかりだ。

 ■入手困難なのに、どうすれば…

 県は今月17日、牛や豚を飼育する県内全農家182戸に1カ月分25キロの消毒薬を配布すると発表。口蹄疫ウイルスに効果があるとされるアルカリ性固形炭酸ソーダで、19〜21日に畜産農家を対象に研修会を開き、消毒薬の効果やウイルスを運んで来る可能性のある車両や人体への噴霧方法を説明した。すでに対象農家の約7割に配布を終えたという。

 しかし、県や畜産農家によると、口蹄疫ウイルスに効果があるとされる消毒薬は、感染が拡大する宮崎や近隣の九州各県に集中して販売されており、入手は難しくなっているという。

 近江牛の畜産業者らで組織する県家畜商業協同組合(近江八幡市)によると、市内の薬局や量販店では口蹄疫向けの消毒薬はほとんど店頭に並んでいない状態という。組合は再三にわたって感染防止策を協議しているが、組合員からは「消毒薬を使い切ったらどうすればいいのか」「県にまとめて調達してもらうよう要望すべきだ」など、悲痛な声があがっている。

 肉牛130頭を飼育する田中正一理事長(67)は「1カ月はかろうじてしのげても、その後は感染を防ぐ手だてがない。問題が解決するまでは、県が畜産農家の要望をとりまとめたうえで、消毒薬を買ってほしい」と話す。

 これに対し、県畜産課は「今回の目的は、消毒薬の十分な量の配布ではなく、消毒方法を周知徹底させるため」とし、「本来は畜産農家が消毒薬を準備すべきだ」としている。

【関連記事】
口蹄疫で見た情けない危機管理
口蹄疫特措法28日成立へ ワクチン接種ほぼ完了
口蹄疫 宮崎県の担当部長が長期療養で異動
和牛輸出ピンチ 口蹄疫で「非清浄国」認定
台湾の口蹄疫大被害、対応の遅れが全島に拡大
虐待が子供に与える「傷」とは?

日米防衛相 中国海軍監視で協力(産経新聞)
聴覚障害の補充裁判員、「支障なかった」(読売新聞)
<酒気帯び運転>伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)
自らの言葉と矛盾 辺野古移設を説明、沖縄県民ソッポ(産経新聞)
芝桜 茶臼山高原で芝桜が見ごろ 愛知県豊根村(毎日新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-05-29 23:32
 会社設立前から続いていたコンピューター用メモリーの価格カルテル行為が原因で、多額の和解金を支払わされたとして、半導体大手のエルピーダメモリが、同社を設立したNECと日立製作所を相手取り、約119億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが20日、分かった。19日に第1回口頭弁論が開かれた。
 訴状によると、エルピーダは1999年12月に設立され、独自製品を量産するまではNECと日立の製品を転売していた。
 その後、3社やほかのメーカーが同年4月から2002年6月に結んでいた価格カルテルを、米司法省が摘発。販売事業をNEC、日立から引き継いだエルピーダは、販売先に和解金を支払った。
 エルピーダは、NECと日立が販売部門移管後も出向役員を通じて影響力を及ぼすなどし、エルピーダの米国子会社にカルテルを続けさせたと主張している。
 NECコーポレートコミュニケーション部の話 不当な請求であることを裁判で明らかにしていく。
 日立製作所広報・IR部の話 裁判で争う方針だ。 

【関連ニュース】
NEC、日立などに制裁金=半導体カルテルで総額370億円-EU
山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か
シャッター大手3社に排除命令へ=カルテルで事前通知
青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定
携帯事業の統合、6月に再延期=NEC、カシオ、日立

三宅氏、代議士会で事情説明と陳謝(スポーツ報知)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(5)(産経新聞)
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」(産経新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-05-21 22:19
 仙谷由人国家戦略担当相は8日午後、徳島市内で街頭演説し、「民主党そして鳩山政権が皆さまの期待に応えるように、一生懸命内部で議論をし、路線を修正させるように頑張る」と述べた。仙谷氏は、厳しい財政状況を考慮しての衆院選マニフェスト(政権公約)の修正や、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月末決着先送りを主張しており、改めてこうした課題に全力で取り組む考えを示したものだ。
 一方、仙谷氏は同日、夏の参院選に出馬する候補者の事務所開きでのあいさつで、「鳩山政権、民主党執行部に批判を受ける点が少々あって、大変苦労をかけている」とした上で、「遠からず皆さん方が選挙がしやすい環境が必ずやってくる」との見通しを示した。資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で検察審査会に「起訴相当」とされた小沢一郎民主党幹事長の自発的辞任に期待感を示した発言とみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
窃盗容疑で巡査部長逮捕=女性の下着盗む−兵庫県警(時事通信)
<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
放鳥トキの卵、カラスが奪う=ペアの巣に飛来−新潟・佐渡島(時事通信)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-05-13 16:05
←menuへ