NECと日立に119億円請求=エルピーダ、カルテル和解金で―東京地裁(時事通信)

 会社設立前から続いていたコンピューター用メモリーの価格カルテル行為が原因で、多額の和解金を支払わされたとして、半導体大手のエルピーダメモリが、同社を設立したNECと日立製作所を相手取り、約119億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが20日、分かった。19日に第1回口頭弁論が開かれた。
 訴状によると、エルピーダは1999年12月に設立され、独自製品を量産するまではNECと日立の製品を転売していた。
 その後、3社やほかのメーカーが同年4月から2002年6月に結んでいた価格カルテルを、米司法省が摘発。販売事業をNEC、日立から引き継いだエルピーダは、販売先に和解金を支払った。
 エルピーダは、NECと日立が販売部門移管後も出向役員を通じて影響力を及ぼすなどし、エルピーダの米国子会社にカルテルを続けさせたと主張している。
 NECコーポレートコミュニケーション部の話 不当な請求であることを裁判で明らかにしていく。
 日立製作所広報・IR部の話 裁判で争う方針だ。 

【関連ニュース】
NEC、日立などに制裁金=半導体カルテルで総額370億円-EU
山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か
シャッター大手3社に排除命令へ=カルテルで事前通知
青森市に改善措置要求=前副市長関与の官製談合認定
携帯事業の統合、6月に再延期=NEC、カシオ、日立

三宅氏、代議士会で事情説明と陳謝(スポーツ報知)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
【新・関西笑談】Salad City KOBE(5)(産経新聞)
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」(産経新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-05-21 22:19
←menuへ