診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定−政府(時事通信)

 政府は19日、鳩山政権で初となるIT(情報技術)戦略本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の会合を首相官邸で開き、「新たな情報通信技術戦略」の骨子を決めた。首相が施政方針演説で掲げた「いのちを守る」との方針に沿って、医療分野でのIT化推進を打ち出したのが特徴。過去の診療履歴をデータベース化し、全国どこの病院でも適切な医療を受けられるようにするシステムを整備すると明記した。
 骨子を基に、4月中をめどに具体的なIT戦略を決め、5月に目標年次を示した工程表を策定する。政府は、6月をめどに策定する新成長戦略にも反映させる方針。
 骨子は、前政権との違いとして、「政府・提供者主導から納税者・消費者である国民主導の社会への転換」のためにITを活用すると強調。(1)国民本位の電子行政の実現(2)地域のきずなの再生(3)新市場の創出と国際展開−を三つの柱とした。 

【関連ニュース】
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
参院選公約づくりに着手=子ども手当の扱い焦点
社民・沖縄、「県内移設」に反発=5月決着、展望開けず
鳩山政権に失望感も=アジア重視も結果出ず
園田氏インタビュー要旨

<訃報>永山光幹さん90歳=刀剣研磨師(毎日新聞)
北教組事件の起訴「極めて遺憾」=文科相(時事通信)
普天間移設 政府案暗礁 首相困惑、打つ手なし 安保の政局利用、ツケ重く(産経新聞)
<生体肝移植>同意得ず研究段階の手術行う 東京医科大(毎日新聞)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-03-24 07:57
←menuへ