企業・団体献金の早期禁止を 民主に弁護士ら要望(産経新聞)

 民主党がマニフェストに掲げた企業・団体献金の禁止について、政治資金オンブズマン共同代表の阪口徳雄弁護士らが22日、民主党の政治資金対策チーム(海江田万里代表)に、今国会中の成立を求める要請書を提出した。阪口氏は「民主党が政治とカネでごたごたしている今こそ、政治家と企業の癒着という日本の風土を変えるときだ」としている。

 阪口氏によると、要請書には弁護士や憲法研究者ら約260人が賛同。禁止に向け、政治資金規正法の今国会中の改正を求めたほか、虚偽記載事件などで秘書の有罪が確定した際には監督責任を問い、国会議員も公民権停止にすることなども求めた。

【関連記事】
希薄な関係どう深める 次期経団連会長に試練
地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党
政権は多数派だけのものでない
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を

早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件−東京地裁(時事通信)
「夢の原子炉」運転再開へ なぜ遅れたのか(産経新聞)
関東で18日朝にかけ雪、南部で積雪のおそれ(読売新聞)
<雑記帳>江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
<飲酒運転理由>元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
[PR]
by b2zkctbjru | 2010-02-24 23:02
←menuへ